TOP >  設備紹介  >  世界最上級の清浄度 VS レーザ加工                      ~秒で決するクリーン環境対決~

レーザ加工技術を知る

世界最上級の清浄度 VS レーザ加工                      ~秒で決するクリーン環境対決~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界最上級の清浄度 VS レーザ加工                      ~秒で決するクリーン環境対決~

♦世界最上級の『オープンクリーンシステム』

レーザックスではクリーン環境を構築するために「オープンクリーンシステム」を導入。移動可能なクリーンシステムであるため、レーザー加工工程だけでなく前後工程のクリーン環境も簡単にご提供できます。

<オープンクリーンシステムの特徴>
・移動式で設置が簡単、様々な設備(アプリケーション)に対応可能※本社工場に限る
・オープン型でも高い清浄度を維持、エリア内でのレーザー加工で発生した微粒子も排除できます。  
※使用環境によって清浄度は変わる場合があります。
・囲わないから作業性抜群、対面での作業も可能で検査や梱包作業もしやすい 
clean_9.jpg

対応事例としてレーザー樹脂溶着加工をピックアップして説明致します。
まだ前回記事をご覧になっていない方は是非ご覧ください。

【前回記事】
クリーン環境でレーザー加工ができるようになりました!←クリックで記事にリンク致します。
「どこでもクリーンルーム」は前後工程のクリーン環境も簡単にご提供!
 ←クリックで記事にリンク致します。


♦オープンクリーンシステムの実力を検証!レーザ溶接に挑戦!

kochi2.jpg 今回はレーザ溶接の環境下でオープンクリーンシステムの実力を検証してみました。

まずは、大気状態からクリーンシステムの電源をON。

パーティクルカウンターは5秒ごとのカウント設定としております。

 

kochi3.jpg クリーンシステム稼働後、1分程で微粒子のカウント数がほぼゼロに・・・。

簡単にクリーン環境の構築が出来ました。

す・・・素晴らしい!
次に連続加工を想定し、
5秒間隔でレーザ溶接をするデモ加工を行ってみます。


レーザ加工スタート!
kochi15.jpg

kochi4.jpg



⇒次の加工前にはカウンターはほぼゼロです。
連続のレーザ溶接に対しても十分な清浄度が保たれていると言えます。
(※レーザ条件で異なります。ご注意ください)
⇐レーザ溶接中は、一瞬微粒子のカウンター数が上昇しますが・・・。







kochi5.jpg 

kochi4.jpg レーザ溶接中の数値も、決して悪い数値ではありません。
下表からクラス3のクリーン環境であると言えます。

kochi7.jpg

♦世界最上級の清浄度 VS  レーザ加工 対決の行方は・・・?
  今回の検証結果を動画でまとめております。近日弊社YOUTUBEチャンネルにて公開致しますので、ぜひ動画にてオープンクリーンシステムの実力をご確認ください。
動画の更新お知らせは、弊社公式Twitterにて行っております。是非フォローしてください!

弊社Twitterはこちら←クリック!

弊社YOUTUBEはこちら←クリック!

♦設置も簡単!わずか3分! 収納も省スペース
kochi8910.jpg
オープンクリーンシステムは簡単設置も魅力のひとつ。 クリーンルームにしてしまうと、レイアウトの変更が難しかったり、設備等を後から設置するのが困難であったりなど、スペースの有効活用が難しくなります。 オープンクリーンシステムなら、レイアウト変更なども直ぐに対応でき、不要な場合は収納できるため、スペースを有効活用することが出来ます。

♦クリーン環境でのレーザ加工はレーザックス本社工場でお試し出来ます!
今回ご紹介したオープンクリーンシステムは愛知県知立市にあるレーザックス本社工場にてお試しができます。

レーザ溶接をはじめレーザ溶着やレーザ溝堀り加工など、コンタミ残りが品質に大きく影響する製品の試作・加工試験を随時お試しいただけます。
  レーザ加工の前後工程(組付け・梱包)もクリーン環境内で実施。試作品は脱気シーラーで梱包してお届けすることが出来ます。  
blw11.jpg

♦♦♦レーザックスは1個の試作・テスト加工からでもOK,ぜひご相談ください!♦♦♦

lux_11.jpg lux_12.jpg
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加