1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工を導入する
  3. レーザ加工システムの選定

レーザ加工システムを導入する

 レーザ加工システムは、レーザ発振器、加工装置、レーザ加工ヘッド・・・これらを組み合わせることによって、目的に合わせたレーザ加工システムを構築する事が可能です。
 レーザ加工システム構築の最重要課題は、前提となるレーザ加工条件の選定です。お客様の加工対象物・アプリケーションによってレーザ種類等の選定を行ないます。当社では設備導入前に目的の加工を実際にテスト・検証していただくことで、より適切な構成の選定を可能としております。これによりお客様のリスクを最小限に抑えることが可能です。
 加工委託ではコストが合わない場合に、お客さまがレーザを導入するケースもございます。 その際の参考に以下のチェックリストを利用し、設備導入時の相談の一助としてください。
 また、レーザ発振器や加工装置の種類、弊社製レーザ加工ヘッド等の周辺機器を各ページにてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

♦参考チェックリスト♦

項目 要求仕様
加工方式 例: 溶接、切断、孔(穴)あけなど
材質 例: ステンレス、炭素鋼、銅、アルミなど ※具体的なSUS304などの方がよいです
ワークサイズ 例:300×300×100など
加工部形状 例: 二次元、三次元、円筒など
要求加工速度 例: 3m/min など
要求加工仕様 例: 【溶接】 溶込み深さ・幅、熱影響層等 【切断】 切断カーフ幅、テーパ形状等 
   【孔(穴)あけ】 孔径、テーパ形状、ピッチ等
 参考  詳細チェックリストは、こちらからダウンロードしてください。⇒ 参考_チェックリスト.pdf

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。