1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工を導入する
  3. レーザ加工試験

レーザ加工システムを導入する

 1984年にレーザによる受託加工事業を開始し、レーザ発振器の発展とともに多様な加工需要に応えてきました。 それらの経験を活かし、多くのお客様に対し、レーザ加工試験を実施し、新たな生産技術への挑戦をお手伝いしてまいりました。
「加工を委託したい」、「レーザを導入をする為の事前検証をしたい」、「他工法とレーザを比較してみたい」などでお困りでしたら、いつでもご相談ください。 その際に弊社が加工試験(と言う形)でご協力させて頂ければ幸いです。
 以下に「レーザ加工試験の流れ」及び「事例集」を記載していますので、ぜひご覧になってください。

■レーザ加工試験の流れ

♦Step 1. ご相談

01

お問い合わせ

 下記からお問い合わせください。

02

ご相談

 お客様のご要望に沿って、あらゆる面(品質、コスト、タクトタイム等)から最適なレーザ機種を選定いたします。

03

試験要網
ご提出

 指定される発振器、またはその評価などもご希望される場合には、なんなりとお伝え下さい。

04

概算見積
発行

 試験に使用する発振器や装置ごとに時間単価が決まっておりますので、概算見積りは営業担当にお申し付け下さい。
※治具製作など別途必要な場合はご提案いたします。

♦Step 2. 試験実施

05

日程・試験方法
のご相談

 当日の作業にお立会いいただく事も可能ですので、その旨お伝え下さい。

06

材料支給

 一般的に入手可能な材料であれば、弊社で準備可能です。

07

立会(委託)
加工試験

 事前にご連絡いただければ、弊社スタッフ立会のもと加工時の写真撮影も可能です。また、立会い加工試験では、実際に溶接した後に断面カット~エッチング~溶け込み確認もその場で実施でき、Heリーク試験対応も可能です。

♦Step 3. 結果報告・今後の検討

08

試験結果報告・
実績見積発行

 溶接断面評価や引張り強度及び硬度測定やX線による非破壊検査も保有しております。

09

試験結果ご検討

 試験結果を基に、そのまま弊社による委託加工やお客さまの設備導入仕様決めなどにもご検討いただけます。

■レーザ加工試験の事例

Case 1

パルスYAGレーザの更新のご相談

Case 2

NDA(秘密保持契約)が必要な加工試験はできますか?

Case 3

大型ワークの加工はできますか?

Case 4

突き出したパイプを回転せず溶接ができますか?

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。