1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. OPTICEL
  3. レーザ加工ヘッド
  4. ソフトウェア
 

レーザ加工ヘッド オプション
ソフトウェア Software

レーザ発振器制御ソフト LOCoSⅡ

 レーザ発振器をWindowsのPCで制御し、各種モニタ値を可視化できるソフト。手元のPCで発振器を操作できるため、段取り替えの時間を手間を大幅に短縮できます。

 ・IPG製シングルモードファイバーレーザ
 ・Quasi-CWレーザの制御に最適
 ・PC上のボタンクリックで発振器のコマンド入力が可能
 ・加工品質向上に役立つオプション設定あり

対応OS Windows XP、Windows 7(32bit)
対応レーザ発振器 IPGシングルモードファイバーレーザ、Quasi-CWレーザ 他
オプション (下記、参照) アナログコントロール機能、デジタルパルス生成機能

オプション・・・アナログコントロール機能

 オプション部品を追加することで、発振器の出力をアナログ波形でコントロールできるようになります。最適な波形を選んで加工できるようになり、加工品質の安定化につながります。

矩形

 

前スロープ

後スロープ

台形

オプション・・・デジタルパルス生成機能

 

 デジタルパルスを生成し発振器に送信することにより、発振器単体では設定できないワンショット出力や数回打ちなど、出力回数の設定が可能になる機能です。

熱処理用温度フィードバックシステム

 レーザ焼入れ加工では、加工点の温度を一定に保つことが大切なポイントです。このソフトはレーザ加工点の温度をモニタし、フィードバック制御によりレーザ出力を制御します。高速処理により加工点の温度を高精度にコントロールすることで、加工品質の安定につなげます。

 ・レーザ加工ヘッドに取り付けたパイロセンサとアンプで加工点の温度を連続モニタリング
 ・加工点で温度変化を検知すると、発振器に情報をフィードバックしてレーザ出力を制御

設定可能な項目
 フィードバック係数(PID)/ 初期出力値と遅延サイクル / 設定温度(狙い温度)/ 出力制限値 / サンプリングタイム

対応OS Windows XP、Windows 7(32bit)
対応レーザ発振器 アナログ信号INPUTを備えたレーザ発振器
※仕様は予告なく変更する場合がございます。

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。