TOP >  レーザで〇〇やってみた!  >  レーザでポップコーンをつくろう!

メディア

レーザでポップコーンをつくろう!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レーザでポップコーンをつくろう!




 
                                             レーザックス製のハンドトーチ型溶接機・FH-300
                                             主な用途は当然のことだが、溶接。
                                             しかし、溶接だけに留まるのは誠に惜しい・・との声が噴出。
                                             そんなら調理器に転用できないか・・とのことで、
                                             最初に出たのが、ポップコーンを作れないか、という
                                             軽く脳震盪が起こりそうな企画。





                                          
んで、今回のチャレンジャー(顔出しNG)。
                                           本人は「ダースベイダーみたいだな」と主張するが・・・






                                         実験方法は市販のポップコーンの包装をはぎ取って
                                         直接レーザをあてて、破裂させるという、
                                         思いつき&無謀な方法。
                                       (念のため申し上げますが、マネしないでください)






                                         あてた瞬間にポンポン音がすることを夢想して
                                         早速、レーザをあててみた。






                                       内心結構ワクワクしながら見ていたが・・
                                         臭いだけで何も起こらん・・・
                厳密には表面が焦げたり、油は溶けているので、
                変化はあるのだが・・・。






                                     本体を振ったりして、無駄なあがきをしたが、変化ナシ・・・。
                                     ここで、ニセベイダーの「まだ、やんの?」との前向きな
                                     発言を受けて、実験はあえなく終了。






                                   落胆するニセベイダー・・・。
                                   ところで、後で調べてみると、次のことが分かった。



                                   ポップコーン用のトウモロコシは「爆裂種」という種類で
                                   スーパーなどで売っているトウモロコシとは種類が違うらしい。
                                   ポップコーン用の粒は、硬いデンプンで厚く覆われている。
                                   その内側には軟らかくて水分を含んでいる部分があり、
                                   フライパンで熱を加えると、この内側の水分が水蒸気になって
                                   膨らもうとするが、周りの硬いデンプンに邪魔されて膨らむことが
                                   出来ない。すると、水蒸気になろうとする圧力が高まり、限界まで
                                   来ると一気に爆発するのがポップコーンらしい。
                                   ということは、局部的にレーザで熱してもダメな気がする・・・。









                                   リベンジを誓うニセベイダー。
                                   どうやら次の企画があるようだが・・
                                   この期に及んで何をしようというのか・・・。




今回使用したレーザ加工機のご紹介



レーザックス製ハンドトーチ型溶接機
OPTICEL FH-300(300W)
・ファイバーレーザ搭載
・平均出力300W(最大出力3,000W)
・150W、450Wタイプもございます。
・薄板溶接に最適!歪の無い溶接が出来ます。
・溶接の初心者の方でも扱いやすいユーザーフレンドリーな溶接機です。
・省エネ・省スペース・低ランニングコスト。

詳しくは以下リンクをご覧ください。
https://laser-navi.com/opticel/opticelfh.html

お問い合わせ
株式会社レーザックス(愛知:0566-83-2229、横浜:045-549-0480)
e-mail:sale@laserx.co.jp



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加