1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工とは
  3. レーザの当て方
  4. スポット溶接

レーザ当て方

スポット溶接

cladding.jpg
 
 直径1mm以下のスポット溶接です。

■レーザを用いたスポット溶接の特徴

 スポット溶接と聞くと、2枚以上の板を2個のガンで挟み込んで電流を流し、抵抗熱で溶接を行う抵抗スポット溶接を思い浮かべる方も多いと思います。レーザを用いたスポット溶接は、レーザをスポット(一点)に照射する溶接を言います。高いエネルギーを狭い部分に集中させる、レーザが持つ利点を活かして、周囲への熱影響が少なく、熱変形をほとんど生じない溶接が可能です。レーザとの同軸カメラにより、正確に狙いを定める事が出来ます。ワイヤーなどの細い材料にも溶接可能です。

♣参考サンプル♣

・球体への溶接

・ワイヤースポット溶接

・ワイヤ溶接

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。