1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工とは
  3. レーザの当て方
  4. メルトラン

レーザの当て方

メルトラン

cladding.jpg
 
 
 メルトランは、母材に直接レーザを照射して走行することを言い、 溶融部の溶込み深さや、ビード断面形状を確認することができます。

■熱伝導型とキーホール型

 レーザの溶け込み形状を確認するために、金属などの板材に対してレーザを照射しながら一定速度で走らせます。レーザ溶接は、材料の加熱形態によって熱伝導型とキーホール型に分けられます。パワー密度が低いときは、表面に吸収されたレーザエネルギーは熱伝導によって広がります。一般的に、薄板溶接では熱伝導型の溶接となります。

 これに対して厚板溶接ではキーホールを形成することによって、1パスで溶接することができます。パワー密度が高いと材料の蒸発が激しくなり、金属蒸気が飛び 出す反動力によって、金属表面に凹みが生じます。このような反動力を蒸発反跳力、深い凹みをキーホールと呼んでいます。キーホールを通じて材料内部は直接加熱されるので、ビードの断面は熱伝導型に比べて、幅が狭く深くなります。出力と速度の調整により、溶込み深さを制御します。

 レーザックスの溶接機は10Wから10kWまで、様々なビード形状が確認出来ます。

♣参考サンプル♣

・SUS材へのメルトラン

・厚板溶接

・厚板貫通溶接

 

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。