1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工とは
  3. レーザの当て方
  4. 重ね継手溶接

レーザの当て方

重ね継手溶接

copy_copy_lapwelding.jpg
 
 材料を上下に重ねた溶接です。

■重ね継手溶接の溶接法

 1.溶接したい金属を重ね合わせ、上下をしっかり拘束する。

 2.上部からレーザを照射する。

 3.レーザ光は、上部の金属を貫通し、下部の金属まで届くようにする。

 4.上下の部材が溶融し、一体化する。

 上下の拘束が最重要ポイントになります。また、上部を貫通させる出力が必要となり、継ぎ手の強さは上板と下板の境界部のビード幅に左右されます。
 レーザックスでは定格400W~10kWまでの溶接機があり、箔から12mmまで加工実績があります。

■重ね継手溶接の特徴

 重ね継手溶接は、突合せ溶接で必要となる開先(ギャップ)がありません。従って、そこに隙間が開いているから埋めなければならないとか、そこに合わせて位置決めをしなければならない、など突合せ溶接で施工上の問題となっていた課題を考えずに済むのが特徴です。
 一方で、自動車用鋼板で多く用いられている亜鉛メッキ鋼板の重ね継手溶接では、重ねた鋼板の 隙間を適度に空けておかないと、蒸発した亜鉛の逃げ場が無くなるため、大きな空孔(ブローホール)が発生するなどの施工上の課題があります。


♣参考サンプル♣

・アルミニウム合金と銅の異材薄板重ね溶接

・亜鉛メッキ鋼板重ね溶接

・アルミニウム合金薄板重ね溶接

 

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。