1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工とは
  3. レーザの当て方
  4. パイプ・リングの加工

レーザの当て方

パイプ・リングへの加工

cladding.jpg
 
■円筒物への加工の仕組み

 加工の仕組みは、レーザ切断と同じです。XYZ軸に回転軸(R軸)が備わった加工機を用います。回転軸もNC制御で他の直行軸との同期制御ができるので、パイプ・リングを回転させながら、様々なパターン形状で切断することができます。
 
 細いパイプからの切り出しでは、レーザを照射している円筒面の反対側の、円筒内面までレーザによる傷が付いたり、切り出していく途中でパイプが弱くなって形状を維持できなくなるので、中心に他の材料を入れることが多いです。


♣参考サンプル♣

・ステンレスチューブ外周螺旋加工

・SUSパイプへの超微細切断

・アルミパイプへの孔(穴)あけ、螺旋状切断

 

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。