1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工とは
  3. レーザの当て方
  4. 微細溶接

レーザの当て方

微細溶接

beadonplate.jpg
 
 板厚0.3mm以下の溶接です。

■薄板溶接のコツ

板厚が薄い材料に少しでも熱をかけすぎると、変形しやすいので注意が必要です。そのため、比較的スポット径が絞れて、パルス発振できるパルスNd:YAGレーザを用いて、1パルスずつ熱を分散させながら溶接するのが一般的です。そのときに溶接速度に制約を与えるのが、1パルス毎の溶融痕の間隔です。これが溶融痕より狭くなるように設定する必要があります。

 一方、スポット径が小さくできて、連続発振するファイバーレーザなどを用いれば、溶接速度を上げられます。この場合は、加工機側で速い溶接速度に対応できるかが、制約条件になります。


♣参考サンプル♣

・銅箔の突合せ溶接

・ICカードカバーの溶接

 

レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。