1. レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら|レーザ加工なび
  2. レーザ加工とは
  3. レーザの当て方
  4. レーザクリーニング

レーザの当て方

レーザクリーニング

cladding.jpg
 
 Nd:YAGレーザとCO2レーザを用いたクリーニング用レーザがあります。 これらのレーザの共通点は、3つあります。

①金属に対して反射しやすい波長であること

 主に金属材料上の汚れや塗膜除去ができます。これらは金属よりもレーザを吸収しやすいので、照射するとすぐに飛んだり蒸発しますが、金属材料が表に現れるとレーザが反射するので、表面に熱によるダメージを与えません。

②パルス発振レーザであること

 汚れや塗膜を一瞬にして飛ばしたり、蒸発することができるように、ピークパワーが高いパルス発振レーザを用いています。パルス幅は、ナノ秒からマイクロ秒程度の非常に短いタイプです。


③大面積照射に適していること

 クリーニングでは大面積照射が求められます。そのため、Nd:YAGレーザタイプ(Clean LASERSYSTEME社)では、集光したビームを左右に高速で走査(スキャン)して広い幅を一度に照射できるようにしています。また、CO2レーザタイプ(SLCR社)ではもともと25mm角で出る大面積ビームを、25×5mm程度に絞っています。(現在はSLCR社の試験加工には対応しておりません)


レーザ加⼯・レーザ加⼯機に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

アイコン

レーザ加⼯機をご検討の⽅へ

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

お電話でのご依頼・お問い合わせは

愛知:0566-83-2229

横浜:045-549-0480

受付時間:8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業は除く)

レーザ加⼯でお悩みのことはご相談ください。 実際の機器や、レーザ加⼯⽅法について提案させていただきます。