TOP >  レーザテクニカルセンタートピックス  >  溶接モニタリングユニットをレーザテクニカルセンターに設置!

レーザ加工技術を知る

溶接モニタリングユニットをレーザテクニカルセンターに設置!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
溶接モニタリングユニットをレーザテクニカルセンターに設置!
この度、IPGフォトニクスジャパン株式会社様のご厚意により、IPGフォトニクス社製・溶接モニタリングユニット(LDD-700)を弊社レーザテクニカルセンター(横浜市)に設置する運びとなりました。
溶け込み深さをリアルタイムで確認できる画期的システムを是非とも弊社にてお試しください。

キーホールをリアルタイムに計測
光干渉を利用した断層観察技術・ICI(インライン・コヒレント・イメージング)によりキーホール深さを計測することにより、リアルタイムで溶け込み深さが評価できます。
LDD-700の特設ページ・動画はこちら

レーザックス製ヘッドに接続が可能
弊社製のレーザ加工ヘッドOPTICEL Dシリーズ、ワブリングユニットWVーDシリーズへの接続が可能。通常の溶接のみならず、ワブリング溶接での評価も可能です。
弊社レーザテクニカルセンターでお試しいただけます。
加工ヘッド・Dシリーズの詳細はこちら
ワブリングユニット・WVーDシリーズの詳細はこちら

多岐にわたる発振器で実験が可能
レーザテクニカルセンターではモード、出力について多くのレーザを取り揃えております。ニーズにより発振器をチョイスしてLD-700を接続して実験を行う事が可能です。
レーザテクニカルセンターの加工機一覧はこちら

お問い合わせ
株式会社レーザックス レーザテクニカルセンター
TEL045-549-0480
e-mail sale@laserx.co.jp



レーザ加工の事ならおまかせ!
本サイト運営会社レーザックスの紹介はこちら!
運営会社紹介ページへ


レーザに関する情報が盛りだくさん!
レーザ加工なびTOPへ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加