はじめてのレーザ加工

はじめてのレーザ加工

レーザ加工でこんなことができます

レーザ加工では、例えばこんなことができます。

加工の種類コメント
溶接板厚の異なる素材や上下に重ねた素材、異なった金属の溶接、金属と樹脂の溶接など、アーク溶接では難しい多種多様な素材もレーザを使えば溶接できます。
また、アーク溶接に比べてスピードが速く入熱が少ない為、材料の変形を抑えながらさまざまな材料を溶接することができます。
孔(穴)あけ球面や角など、機械加工では難しい箇所にもレーザなら孔(穴)あけできます。このページ上部右側の写真は、レーザを使ってパチンコ玉に孔(穴)あけした加工例。球面への加工は、機械加工では刃物が逃げてしまう為難しいですが、レーザは光なので問題なく孔(穴)あけできます。
切断鉄、ステンレス、アルミニウム、銅、ガラス セラミックス アクリル SiC カーボン等・・・ さまざまな材料をきれいに切断できます。
マーキングガラスやアクリルなどの透明材料への内部マーキングもレーザの得意技です。
微細加工パルス幅が非常に短く、ピークパワーが高いレーザを用いる事で樹脂などの高分子材料の除去加工ができます
クリーニング汚れや塗膜を一瞬にして飛ばしたり蒸発することができます

それぞれの加工について、詳しくは レーザで加工する レーザ加工サンプル集 のページをご覧ください。

レーザ加工・切断や穴あけ、溶接等の相談なら

レーザ加工切断穴あけ溶接等の相談なら【レーザ加工なび】へ。
専門家に相談できるレーザ加工の総合情報サイトです。
基本操作からシステム導入など、レーザについて様々な情報を提供してまいります。お気軽にご相談下さい。